いずみホールディングスが他の食品卸業者と違う所

いずみホールディングスが他の食品卸業者と違う所

飲食店を経営している方は、仕入先を決めることがとても重要です。
調理する食材によって味や価格が大きく左右されてしまうからです。
こだわりの強い飲食店の経営者の方の場合には、直接現地に出向き、気に入った生産者の方と直接契約を結ぶようなケースも珍しくありません。
そうではない普通の飲食店を経営している方は、食品卸業者に食材の調達を依頼していると思いますが、食品卸売業者を選ぶ際にこだわりを持っていない経営者の方も少なくありません。
しかし、新型コロナウイルスの影響によって窮地に立たされるようになって、初めて食品卸売業者を見直す機会が訪れました。

近年、新たなスタイルの食品卸業者として注目を集めているのが泉卓真が代表を務める株式会社いずみホールディングスです。
株式会社いずみホールディングスは、これまでどの業者もなしえなかった、流通の簡素化と中間業者のマージンの撤廃を成功させた業者です。
複数の中間業者の代わりにコンピューターを導入し、独自の流通スタイルを作り上げました。
いずみホールディングスの流通システムの確率によって、生産者から購入する金額をアップしつつ、飲食店の仕入れ額を下げるという双方にメリットの大きな関係を築くことができたのです。

泉卓真さんについて詳しくはコチラ