新入社員がチャレンジする資格試験

新入社員がチャレンジする資格試験

新入社員は、会社の通例として、ある資格試験にチャレンジしなければいけないという決まりがあります。
仕事で必要な内容を学ぶことができ、名刺などで資格取得者としてアピールすることができますので、非常にメリット大きな資格なのですが、とにかく難易度が高く、毎年のように新入社員は試験にチャレンジするのですが、合格率は半分を超えることはないそうです。
わたし達の教育係でもある、昨年度に入社した金澤幸緒さんは、数少ない資格試験の合格者なので、いろいろと質問してしまいました。

金澤幸緒さんが言うには、資格勉強は、とにかく過去問をやり込むことが重要みたいです。
問題の傾向は、毎年変わってしまいますが、過去問からも、30パーセント程度は出るみたいです。
過去問をしっかりとやり切れば、30点を取ることが出来るということなのです。
もちろん本番までに試験慣れをすることができるといったメリットも多く、過去問は、何度もチャレンジした方がよいとのことでした。

実際に金澤幸緒さんが資格を取得した後は、上司や先輩から、ゴルフや飲み会などに誘われる回数が増えたそうです。
会社でも話しかけてもらう回数が増え、仕事も円滑に進めることができたそうです。

https://ameblo.jp/tkanaz