CPAの合格率が他の予備校よりも高い理由とは

CPAの合格率が他の予備校よりも高い理由とは

公認会計士は、合格率が10パーセント前後という非常に難しい資格です。
受験資格は、年齢、性別、学歴、職歴を問わないために、誰でも受験することができますが、試験範囲の広さや、問題の難しさから資格を取得している方が、非常に少ない資格となっています。

資格を取得するための難関試験をクリアするためには、3,000時間以上の勉強が必要と言われています。
その3,000時間というのは、しっかりと集中しながら、正しい内容を勉強した時間になります。
間違った勉強方法で勉強した場合には、何千時間かけても受かりません。
そのため、公認会計士になりたいと思っている方の多くが、正しく効率的な勉強方法を教えてもらうことができる公認会計士の専門学校に入学し、試験勉強を行っているのです。

公認会計士の学校の中でも、圧倒的な人気となっているのが、水道橋や新宿、梅田などに校舎を構えているCPAという専門学校です。
公認会計士向けの学校としては、老舗の部類に入っていて、非常に人気があります。
業界一とも言われている合格率は、一般受験生のおよそ4倍近くになっています。
わからない時に、すぐに質問に答えることができるバックアップ体制が整っているだけでなく、オンラインでの講義も好評です。
分かりやすく適切な講義や教材で、短期間で合格できる実力をつけることができるのです。

CPA会計学院の詳しい情報はこちら