無菌状態の確保に全力をあげる梅田のインプラントセンター

無菌状態の確保に全力をあげる梅田のインプラントセンター

大阪市の中心部、北区梅田に大阪インプラントセンターがあります。
患者さんにとって100パーセント以上の安全な環境の確保を何よりも大切にしている歯医者さんです。
安全性は成功率にもつながるもので、この成功率を左右するのは骨との結合状態です。
骨との結合がうまくいかない原因のひとつに、生体が元々持っている防衛反応があります。
この力によってインプラントが異物と認識されてしまうのが、骨との結合状態に影響が出てしまうメカニズムです。
そのためセンターでは、無菌的に処置することを最重要視して実践しています。
オペ室の無菌環境を整えるために全力をあげ、通常よりも多い5名のスタッフでの施術を標準にしているのがセンターのオペの大きな特徴です。
歯科治療のスペースとは別に専用の手術室を設け、器具は使い捨てが基本などオペの環境に細菌が侵入するリスクを可能な限り低くしています。
センターには、インプラント手術の中でも難しいとされる症例で他院で断られてしまった方や、再手術を希望する方が大勢通っています。
手術の基本である無菌状態のレベルが違うので、センターで受けた手術では予後に骨との結合状態が悪いという症例はほとんどありません。
インプラントなら【大阪インプラントセンター】