ほくろ除去における炭酸ガスレーザー治療

ほくろ除去における炭酸ガスレーザー治療

ほくろ除去を行いたいと思う方が気になることとして、どのような方法があるのかは気になる所だと思います。
ほくろの切除縫合法やくり抜き法など色々などな方法があるのですが、最も安価で一般的な方法に炭酸ガスレーザーを用いた治療があります。
特に美容外科を利用してほくろを無くしたいという場合は大抵の場合がこの方法を利用します。
この方法はあまり大きなほくろを取り除くことには向かず、大体5mm以下程度の大きさの場合はこの炭酸ガスレーザー治療になります。
レーザー光線がほくろの成分であるメラノサイトを破壊し取り除いて行く方法です。
ほくろ除去の際には事前にほくろの部分には麻酔を打ちますので手術時の痛みはありませんし、一カ所につき5~10分程度の時間で行うことが可能です。
また施術後も腫れや痛みが残ることはほとんどありません。
ほくろが皮膚表面近くの場合は一度で終わることができますが、皮膚の奥深くにある場合は何度かに分けて施術する必要があります。
気をつけて頂きたいのは、炭酸ガスレーザー治療は組織検査ができませんので、仮にメラノーマであった場合は大変なことになります。
レーザーにより組織が刺激されてしまい、転移することも考えられますので、万全を期すのであれば皮膚科や整形外科にまずは行き、専門医の方に患部を看てもらうことを勧めます。