高効率な風力発電機の情報を求めている方はコチラ

高効率な風力発電機の情報を求めている方はコチラ

再生可能エネルギーの一種である風力発電の導入について、日本は欧米諸国と比較して進んでいないものの、ひと昔前に比べればかなり基数や累積設備容量が増加しています。
今後はより、増加していくのではないかと予想されています。
なお、風力発電機には、住宅地でも設置することが可能な、コンパクトなものもあることをご存知でしょうか。
ブルーコンシャス株式会社で取り扱われている、小形風力発電機がこれにあたります。

この企業で取り扱われている小形風力発電機は尾翼設計という、魚の尾ひれをヒントに編み出されたつくり方が採用されています。
風力発電というのは、風があることが発電のための条件となり、わずかな風でも発電のためには無駄にしたくありません。
尾翼設計によって、風向きが変わるとそれにすぐに反応することが可能です。
即座に、柔軟に風をキャッチして効率的に電気をつくり出すことができます。
そのため、ブルーコンシャス株式会社の小形風力発電は高効率であることが強みのひとつとなっています。